長期優良住宅のメリット

国が定めた長持ち基準『長期優良住宅』をおすすめします

ぼく自分の部屋がほしい!
孫の代まで永く住める家にしたい!
地震から家族を守ってくれる家じゃないとな
光熱費は安いほうが助かるわ それなら長期優良住宅をお勧めします!一般住宅に比べてメリットがたくさんありますよ!長期優良住宅とは、『いい家を作って、きちんと手入れをして、長く大切に使う』という考えのもと、住宅の耐震性・耐久性・断熱性などを高めた住宅です。また、維持管理のし易い構造・システムとすることで、メンテナンスしながら永く済み継いでいけます。

長期優良住宅には、7つの条件があります。

1. 耐震性能地震に強い安心の家
大規模な地震に対して、倒壊しにくく、損害が少なくて済む一定の耐震性が必要です。
2. 耐久性能躯体のしっかりした長く住める家
長く住み継いでいくためには、構造や骨組みに耐久性能を持たせる必要があります。
3. 維持管理・更新の容易性メンテナンスの容易な家
耐用年数の比較的短い内装や設備は、メンテナンスやリフォームがし易い家にしなければなりません。
4. 省エネルギー性能地球にも家計にも優しい家
断熱性能など、一定の省エネ性能が確保されている必要があります。
5. 住戸面積暮らしやすい広さを確保した家
暮らしやすさの点から、住まいには一定の広さが必要です。
6. 居住環境地域のまちなみと調和した家
地域のまちなみに調和するように配慮した住まいであることが求められます。
7. 維持保全計画計画的なメンテナンスができる家
建築時から将来を見据えて、定期的な点検・補修などのメンテナンス計画をたてておくことが必要です。

メリット1:きちんとメンテナンスすることで、資産価値を保つことができます。

一般住宅:築20年しか経ってないのにボロボロ…。価格が安くて売るに売れない。長期優良住宅:定期的なメンテナンスのおかげで、住宅の資産価値を保てます。

メリット2:長期優良住宅で建てると、税制の優遇が受けられます。

  控除期間 10年 所有権保存登記 所有権移転登記 不動産取得税 固定資産税
居住年 控除対象限度 最大控除額
一般住宅 H24 3000万円 300万円 1.5/1000 3.0/1000 1200万円控除 1~3年目1/2軽減
H25 2000万円 200万円
長期優良住宅 H24 4000万円 400万円 1.0/1000 1.0/1000 1300万円控除 1~5年目1/2軽減
H25 3000万円 300万円

住宅履歴システム「プロパティオン」のHPへ

PAGE TOP